一般社団法人寝室環境衛生管理協会

お問い合わせ

TOP 組織概要 室内空気質
測定分析
室内空気環境
品質検査認証
宿泊施設室内空気
環境品質認証
空気質センサー
GiA
トコジラミ
対策事業
睡眠情報 法人会員

室内空気質測定分析(シックハウス測定)

用語集

学校環境衛生基準

シックスクール問題の対応として学校施設の維持管理が重要になります。その基本となるのが学校環境衛生基準に基づいて日常点検を行うことです。
この学校環境衛生基準は、学校保健安全法に基づき学校における環境衛生に係る事項について、児童生徒及び教職員の健康を保護する上で維持されることが望ましい基準として定められ、平成21年4月1日から施行されています。

学校環境衛生基準で定められた揮発性有機化合物の基準値

物質名基準
ホルムアルデヒド100μg/m3
トルエン260μg/m3
キシレン870μg/m3
パラジクロロベンゼン240μg/m3
エチルベンゼン3800μg/m3
スチレン220μg/m3

揮発性有機化合物以外にも換気や温度などの基準が設定されています。

揮発性有機化学物質以外の検査項目及び基準値

検査項目基準
換気換気の基準として、二酸化炭素は、1500ppm以下であることが望ましい
温度10℃以上、30℃以下であることが望ましい
相対湿度30%以上、80%以下であることが望ましい
浮遊粉じん0.10mg/m3以下であること
気流0.5m/秒以下であることが望ましい
一酸化炭素10ppm以下であること
二酸化窒素0.06ppm以下であることが望ましい
ダニまたは
ダニアレルゲン
ダニ数は100匹/㎡以下、またはこれと同等のアレルゲン量以下であること

関連リンク

健康的な学習環境を維持管理するために -学校における化学物質による健康障害に関する参考資料-(文部科学省)
2022 一般社団法人寝室環境衛生管理協会